2002年6月 全体会議開催(さわかみ投信)

日本における長期投資・運用のパイオニアとして、さわかみ投信にはいろいろな挑戦が待ち構えている。投信の直販、積立投資の文化を根付かせる、企業応援という長期投資の概念の普及等々。常に時代を先取りし新しい価値観を広めていくところに我々の存在理由があるのだ。ありとあらゆる抵抗や障壁は打破していかねばならない。それには全社員が一丸となることが不可欠。そんな考えで社員全員を集めた全体会議を実施。

当初は月2回程度、午後に実施していた。世帯も小さかったので社員の仕事が手すきの時を見つけて開催。そのうち社員数も増え、各部署の仕事も多様化してきたのでパッと全員が集まらない。そこで6月以降、毎週月曜日の朝8時から定期的に全体会議を開催することに変更。月曜の朝だから週の予定も共有できるので都合がよい。

しかし、いろいろ話し合っているとあっという間に月曜の朝が終わり、週初めから仕事にならないではないことが判明。そこで毎週月曜の朝は予定の発表だけにし、全体会議は第1・3月曜の午後に変更。